2010年01月30日

自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は23日、党本部で開かれた中国・四国ブロックの党所属国会議員や県連幹事長らの会合で、平成19年の参院選に岡山選挙区で落選し、夏の参院選に比例代表で公認申請している片山虎之助元総務相(74)の処遇について、「原則をゆがめるとおかしくなる。例外は、(本当に必要な)例外でなきゃいけない」と述べ、70歳定年制の内規を理由に公認に慎重姿勢を示した。

 これに対し、岡山県連の天野学幹事長は「例外はない、という方針にすれば納得できる」と反論した。

【関連記事】
自民、谷垣氏の新ポスター製作 ソフトさ演出も…
谷垣総裁側近の2人が対立 ベテラン議員処遇問題
自民・高村派が3人に 村上、山本両氏の退会で
自民が参院愛知に藤川氏擁立
山崎、保岡両氏の非公認確認 自民の参院選候補

文化財防火デー 本番さながらの訓練 太宰府天満宮(毎日新聞)
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)
<社民党>普天間、現行案なら連立離脱 福島党首改めて示唆(毎日新聞)
<毎日映画コンクール>日本映画界の層の厚さ感じさせる結果(毎日新聞)
女性用靴下専門ドロ逮捕 300足押収(産経新聞)
posted by カドタ シンタロウ at 04:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。