2010年01月26日

鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」 衆院予算委質疑詳報 (産経新聞)

 【政治とカネ】

 松原仁氏(民主) 内閣、首相として国民の理解を得る努力をしてほしい

 鳩山由紀夫首相 国民に疑いをかけられてしまうことは大変遺憾。私の問題も昨年末に一応検察が結論を出した。政治資金問題が二度と起きないよう、一生懸命努力していきたい。

 谷垣禎一氏(自民) 衆院本会議で秘書の行為は政治家の責任という趣旨の発言をしたが。

 鳩山首相 確かにそのようなことを言ったと。否定するつもりはない。言葉の重さは理解している。

 【鳩山首相献金問題】

 谷垣氏 母親と秘書の間で12億6000万円の授受があった。相続問題ではないか。

 鳩山首相 恥ずかしい話だが、天地神明に誓って全く知らなかった。相続税対策や脱税ではない。

 谷垣氏 もし承知していたことが証明されたら首相を辞めるか。

 鳩山首相 もし違うという事実が出てきたら、当然、バッジをつけている資格はない。

 【小沢氏問題】

 伴野豊氏(民主) 読売新聞20日付夕刊記事「小沢氏、4億不記載了承」は誤報だと法務省刑事局が答えていると。誤報ならば正式に読売に抗議してほしい。

 千葉景子法相 誤報だと回答したことはないと承知している。

 伴野氏 小沢一郎幹事長も近々、国民に理解してもらえる状況をつくりたいと。冷静に推移を見守ることが国民の期待に応えることになると考えるが。

 鳩山首相 政治資金問題は当然、改めるべきところは改める。新しい内閣、政権の姿を国民に信じていただくしかない。

 谷垣氏 小沢氏に「(検察と)戦ってください」と言ったのは不適切ではないか。

 鳩山首相 検察に圧力をかけるつもりはない。私は党の代表で、党の幹事長が身の潔白を信じて戦うと。その言葉よし、だと。

 谷垣氏 指揮権発動についてどう考えるか。

 千葉法相 一般論として検察庁法で指揮権があることは承知しているが、それ以上は答えを控える。一般論としてはある。

 谷垣氏 「捜査情報の漏洩問題対策チーム」は、与党を上げて小沢氏を援護する態勢に見える。解散を命じたらどうか。

 平野博文官房長官 情報漏洩やマスコミの情報に影響されるところがあると思う。政府がやらせているのではなく、有志議員によるものと理解している。

 柴山昌彦氏(自民) 民主党は小沢氏独裁政党。なお幹事長を任せるしかないのはなぜか。

 鳩山首相 幹事長には幹事長として堂々としてもらいたい。必要ならば、堂々と訴えるべき所へ行って訴えてほしい。むしろ、潔白を証明してほしい。

 柴山氏 西松事件で秘書が起訴された際、小沢氏の代表辞任を求めたが、より深刻な今回はどうか。

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相 当時は単なる野党の一代議士。今は官邸に極めて近い行政府の一員なので、発言を律しなければならない。

 柴山氏 逮捕された石川知裕議員と同期の民主党議員13人が勉強会を開き、法務省から担当者を呼んで事実関係を聞き、釈放要求の発議を検討すると。捜査の支障にならないか。

 平野官房長官 (勉強会に)政府関係者がいたことも事実だが、会合目的が同期会ということで出席したと。趣旨が違うなら、慎重に対応して遠慮してほしいと述べた。

 小里泰弘氏(自民) この場に小沢氏がいないことが疑惑解明を困難にしている。証人喚問や参考人招致について、実現のために指導力を発揮するのか。

 鳩山首相 何が真実かわからない。検察が権力のなかで事実を明らかにしようとしている。ここでやるより検察で説明するのが必要なのではないか。

 【天皇の公的行為】

 谷垣氏 国事行為に天皇は拒否権は持たない。衆院解散というときに、天皇は不当な解散だから拒否するなんてことは仰らない。公的行為はどうか。

 平野氏 法律的な観点でしっかり答えなければいけないので、後刻、答えたい。

 谷垣氏 昨年の中国の習近平国家副主席の特例会見でも議論になった。従来なら法制局長官が答弁した。天皇の憲法上の地位の問題については、政治的な争いにするのではなく、冷静に議論するべきだ。

 平野官房長官 先程、後刻と言ったが、公的行為には国政に関する機能が含まれてはならない。公的行為は憲法に言う内閣の助言と承認は必要なく、自然人として行動する以上は天皇の意思をもとにして行われる。

 谷垣氏 天皇の公的行為は裁量の余地があって多様。天皇が政治的に巻き込まれないようにルールがいる。政府の統一見解を出してほしい。

 平野氏 改めて統一見解を出すということであれば出す。今までもその考えに基づいてやっている。

 【特別会計】

 海江田万里氏(民主) 巨額(53兆円)な公債発行を余儀なくされた。特別会計の切り込みができなかったということか。

 菅直人財務相 予算の年内編成を考えれば、3カ月余りという制約もあった。制度変更や組織改廃までには残念ながら十分な時間の準備ができなかった。

 【日航問題】

 吉田公一氏(民主) 日航は再生できるのか。

 鳩山首相 政府としては企業再生支援機構、日本政策投資銀行を通じて必要な資金を提供する。

 【子育て】

 阿部知子(社民) 今後5年間の少子化対策の新指針で、保育サービスの数値目標は。

 福島瑞穂消費者・少子化担当相 保育所定員を5万人増やし、3歳未満の保育所利用率を現在の24%から35%に増やす。

 【普天間移設問題】

 下地幹郎氏(国民新) 5月までには移設先を絶対決めて、先延ばしはしないのか。国民と約束して大丈夫か。

 鳩山首相 私は約束したので、5月までに普天間の移設先を必ず決める。

【関連記事】
首相「疑いかけられ遺憾」 小沢氏聴取で潔白証明期待
民主議員、小沢氏問題の報道に「誤報」指摘 法相は否定
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”
小沢氏資産の大半は妻名義 剛腕支える和子さんは「女丈夫」
小沢氏、事態沈静化に自信「形式犯なので…」

「政治とカネ」で与野党激突へ=第174通常国会召集(時事通信)
小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)
ヤミ専従書類改ざん更迭、農水前秘書課長が復帰(読売新聞)
阪神大震災から15年、兵庫各地で追悼行事始まる(読売新聞)
現場に指紋…男を再逮捕 南青山の従業員殺害(産経新聞)
posted by カドタ シンタロウ at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

「自民なら即刻退陣」 小泉元首相、民主を痛烈批判(産経新聞)

 小泉純一郎元首相は23日、京都市内で開かれた日本青年会議所主催のセミナーで講演し、母親から巨額の資金提供があった鳩山由紀夫首相や、自身の資金管理団体の土地購入をめぐる問題が浮上している小沢一郎民主党幹事長について、「もし自民党でこのようなスキャンダルを出したら、即刻退陣になる」と批判した。

 小泉氏は現在の民主党政権について、「これほど早くおかしくなるとは思わなかった」と痛烈に批判。

 その上で、鳩山氏については「母親から毎月1500万円を何年間ももらっておいて、知らなかったというほうが異常」。小沢氏については「多くの人からいただいた政治献金でマンションや土地を買う政治家なんて一人もいない」と話した。

 一方で、「それでも(鳩山政権に)支持率があるのは、それほど自民党が飽きられていたということ」と指摘。「民主党にはあと3〜4年はやってもらわないと、何でも自民党を批判すればいいという風潮は変わらない」と述べた。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

<石川議員逮捕>通常国会目前の激震(毎日新聞)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
小沢氏、特捜部との“直接対決”終了 ホテルで記者会見へ(産経新聞)
社民グアム調査団 米側受け入れ拒否(産経新聞)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
posted by カドタ シンタロウ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尼崎公害訴訟 和解から10年 歩道橋バリアフリーへ (産経新聞)

 ■原告悲願、排ガス対策壁板も設置

 兵庫県尼崎市の公害患者が排ガスの排出差し止めなどを求めた尼崎公害訴訟で、和解条項に盛り込まれた、国道43号に架かる巨大歩道橋のバリアフリー化が和解から10年を経てようやく動き出すことになった。歩道橋には4基のエレベーターや、排ガス対策用の壁板が設置される予定で、平成24年の完成が予定されている。

 バリアフリーにリニューアルされるのは東本町歩道橋(尼崎市東本町)。片側4車線の国道をまたぎ、長さは50・2メートル、高さは4・8メートルあり、国道を通る大型車により、強い振動が起きることもある。

 国道43号は尼崎市を東西に貫いている。阪神大物駅や県立尼崎病院など、利用頻度が高い施設の多くは国道の北側に位置するため、南側の住民は歩道橋での横断を余儀なくされる。しかし、ぜんそくなどを患った高齢者らが階段を上り下りし、排ガスの中、この歩道橋を渡るのは大きな負担になっていた。

 平成12年の和解条項では、「(旧建設省は)国道43号の歩道空間のバリアフリー化の検討や、沿道に配慮した道路緑化の推進に努める」と記されたが、その後の国交省側と原告団側の交渉は難航した。原告団側が「バリアフリーだけではなく、排ガス対策も必要」と訴えたのに対し、国交省側は「和解条項にない」などとして反発。エレベーターの設置基数なども含め、議論は長年平行線をたどってきた。

 しかし、昨年4月、国道43号と阪神高速神戸線を通行する大型車を阪神高速湾岸線へ誘導する「環境ロードプライシング」(ロープラ)の本格実施が、歩み寄りの兆しになった。

 10月、尼崎市内で行われた原告団と国両者の連絡会では、ロープラが順調に推移していることを受け、国交省側が歩道橋に4基のエレベーターや壁板を設置することを正式に提案。原告団側も同意し、患者に大きな負担を強いてきた歩道橋が生まれ変わることが決まった。

 「どんなに待ちこがれてきたか。粘り強く交渉した結果が実った」と、尼崎市南部の公害患者の願いを長年聞いてきた原告団長の松光子さん(78)。住民が毎日利用する歩道橋のバリアフリー化は長年の悲願。一方で、実現まで10年もの時間を費やしたことに疑問や不満の声もある。松さんは「国側は、私たちが交渉をあきらめるのを待っていたのではないか。完成に3年もかけないでほしい。患者らは、一日も早い渡り初めの日が来ることを願っている」と訴えている。

線路に自転車、列車衝突=JR日豊線−大分(時事通信)
東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資名目−2億4000万詐取容疑・警視庁(時事通信)
雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
<原爆ドーム>被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業(毎日新聞)
羽賀研二被告の知人の元歯科医、偽証罪を否認 恐喝未遂初公判(産経新聞)
posted by カドタ シンタロウ at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。